ウォール紹介1F

左正面壁(幅5m 高さ6m 角度80度から100度までの複合傾斜壁)

複雑な角度によって、三半規管を刺激します。
それほど高度なテクニックは必要としませんが、手足がかってしまって・・腕が力みすぎて・・体を回転したり、左右に振り子運動させたり??

バランスを失って、力でねじ伏せてしまいがちですが、かなり自然の岩に近い臨場感があります。

ワールドカップや世界選手権で採用、フランス製・アントレ・プリーズ社の珍しい壁です。

初心者でも、気分は世界選手権って感じでトライできます。ルートは(5.7から5.11a)くらいとやさしめですが、意外と手ごわいですよ、感性や洞察力直観力を磨く練習用です。大腿筋やハムストリング筋を鍛えるのに有効と考えます。また、基本的な体幹部の振りや回転動作の練習にも良いでしょう。

登山靴で使用可能です。元アルパインガイドのT氏がザック担いで、手袋して登っています。

右垂壁(幅3m 高さ6m 角度90度)

ロープでのクライミングが楽しめます。
主に、持久力をつけたり、簡単なバランス練習に良いと思うのですが、高度なバランス練習にも対応できます。
オートビレイ設置
フランスのピラミッド社製の人工壁です。

細かなスタンス、面全体をどう使って登るのか・・楽しみ方はいろいろあります。

右正面壁(幅4m 高さ6m 角度95から110度)フランス・ピラミッド社製

ロープクライミングの上級者を狙う基本練習の壁です。オートビレイ設置

5.10から5.11bくらいのグレードで設定してあります。いわゆる簡単なムーブ(クライミング独特の動作)の基本練習に最適です。

この壁は、健康とかダイエットという領域ではちょっと難しい、本格的なクライミングの基本練習ができる、スタミナ・持久力を必要するウォールとなっています。。

動作も少し複雑になります。確実な基本動作ができないと・・叩き落
されてしまいますよ!!ダイナミックな動きの練習にも採用しています。上半身特に後背筋やでん筋など、体幹部のl強化に最適です。

リード壁(高さ7.2m、高さ9m幅4,5m)

左スラブ壁(幅4.6m 高さリードクライミング練習壁です。主に5.11台から12台のルートがあります。今後12台、13台のルートも引く予定です。

 

左スラブ壁(幅4.6m 高さ5.4m  角度85度から90度

傾斜の優しい壁なのですが、スラブ(ゆるい角度)特有の難しさを兼ね備えています。

足の指先でじっくりと、しかもしっかりと握る感じでの動作を必要とします。

高度なバランス感覚と、3点支持という基本動作。さらに正対するという極意?を必要とします。右側壁同様微妙な緊張感集中力を養います。

クライミング本来の足の力(足首が細くなり、腱や脹脛、膝周りのじん帯などの強化)小さな筋肉(関節回りにある)やインナーマッスル(深層筋肉)を養います。

ルーフ壁(幅4.5m長さ14m以上)

巨大なルーフ壁に5.11台から5.12台のルートが数本設定されています。

ロッ君ロール(幅2.5m 高さ3m 角度80度から135度まで可変式)

電動によって、壁の速さが変えられ、角度も可変式の練習マシーン日本に1台?
初心者には体力増進、健康維持、ダイエットなどの効果が促されます。
20世紀、伝説のクライマー ウオルフガング・ギユリッヒは135度の角度で90分毎日練習していた
とか?
全ての筋肉を個人のスキルに合わせてトレーニングできます。主に持久力・基本技術の反復練習・好きッ似合わせて課題の設定もできます。
また、このマシーンは、骨・関節・腱などのリハビリ効果もあります。
ロープをつけずに永遠に直情できますので、海外ツアーなどでのロングルート対応練習にも効果があります。
アルパイン系の人にもお勧めですね。ボルダーラーにはウオームアップやクールダウンにも活用されています。
ロッククラフトの看板娘です。

お気軽にお問い合わせください TEL 0285-41-1325

PAGETOP
Copyright © ロッククラフト小山 All Rights Reserved.